A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS meu capitao

<<   作成日時 : 2006/05/23 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


繰り返すが、モチこと望月主将は危機察知能力に優れた視野の広いMFだ。

ヤバイ!と思った所に殆どいる。んで、慌てずディレイかけるとこ、取りに行くとこわきまえてきちんと対処。もーこれだけでもすごい財産あるよ。他のMF、リカルド、シンヤ、藤吉の攻撃力は、彼の「後方の憂い」を消し去る働きに拠るところ大だ。だから開幕直前の彼の離脱は本当に痛かった。

 JFL初勝利の流経大戦でも、途中で悪い癖が出てスカスカになった中盤の状況を素早く察知、思い切ってボランチ二人でボールを取りに行く作戦に切り替え、結果DFラインを押し上げた。それにより中盤の数的優位を取り返した手腕はさすがだったと思う。この試合での琉球2トップは、相手DFラインの裏をとることに集中し、守備にそれほど力を注いでいなかったが、相手のレベルを鑑みると当然の戦術だったと思う。それでも“前線でのプレス”のサポートなしで、ラインをほっぽってボール取りに上がるのは結構勇気がいることだったのだ。試合のレベルが上がる今後の試合では、前線までを含めた一ランク上のコーチングが必須だが、モチならその大役を十分こなし得るだろう。

 モチが帰ってきてからのチームDFは“一つの生き物”に近づきつつある。それはモチの「常にチーム全体を意識した声」によって、個々が有機的に結び付けられてきた結果だろうと思う。ほんで、全体がJFLのスピード、サイド攻撃に慣れたころには、チームDF未完成のあおりで初っ端からは使うことができなかったリカルドも、十分に力を発揮する時間を与えられるだろう。

 チームは、モチの滅私奉公で、且つ極めて実務的(ここが重要)なキャプテンシーという大きな幹のもと、太い攻撃の枝葉を伸ばすことができる。これが、私が「琉球はモチのチーム」と思う最大の理由だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
FC琉球、佐川印刷戦を振り返る3
今度は、観戦した方のブログなどをクリップ〜 ...続きを見る
琉球の紅
2006/05/24 00:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
meu capitao  A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる