A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS 上げ上げ

<<   作成日時 : 2006/06/06 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


対横河武蔵野戦は0対0の引き分け。なかなか爆発しませんが、収穫と課題がみえた試合だったっす。分かりやすく前半と後半ブッツリ真っ二つという感じ。

不完全燃焼に最近慣れっこになってしまっている自分がちょっと恐い感じもしますが、大きく観るとディフェンスを中心にチーム改革が前進しているので、前向きにとらえたいっす。

要注意視してる相手だっただけに、前半のウチの優勢は心強かったし、横河の様子見によるところもあったとは思うけど、意図してることが出来まくっていた。miyaさんご指摘のとおり、最終ラインもグッと高い位置保って前目でボール取れてたし、多分私自身は初めて見たと思うんだけど、オフサイドトラップも出てた。相手フィードを警戒して下がるのではなく、後方のオフサイドを味方にしての、思いっ切りよい上がりが生んだシーンだった。

相手に押し込まれても、対処する選手の後ろにきちんとカバーリングを用意できてて安心して見てられたし、クリア後の押し上げを常に意識してて、攻守の切り替えも早かった。攻撃ではFWが十分なサポートを得て展開もスムーズに。これまでの経験と練習の成果が現れた時間帯だったと思う。

でも、やはり勝ちたかったし勝てる試合だったなーと…。

後半途中から前半の出来がウソのようなネガポジ逆転。運動量が落ち、ボール回しても足元足元で相手プレスの的になって中盤で不利に。ロングボールが増え始め、“琉球のサッカー”とは程遠い内容の時間帯が目立った。サポートも遅く、FWがボール受けても孤立。終盤に相手の運動量が落ちてやや盛り返し、何度かチャンスをつくることが出来たが、得点ならず。

後半の運動量激減と、相手プレスに晒されたときのDFラインのドン引きと、それに影響受ける中盤のディフェンス、そしてボールを呼び込む動き出しの遅さはまだ引きずってるように思う。特に前後の二極化が顕著な時間帯は、マイボールにできる可能性の低い縦一本を受けに、長い距離走らなければならなくなったり、近くにヘルプしてくれる味方が少なくて、一対一、一対二のディフェンスで頑張らなければならなかったりすることの連続で、効率が悪く余計に疲れてるという感じを受けた。

個人的には自陣、敵陣関係なく、FW、最終ラインも含めてもう少しお互いの距離を短くコンパクトにして、比較的短い距離の動きを素早く頻繁に組み合わせてパスコースを数多く作り出し、ショートパスによって中盤のポゼッションを高める、琉球本来のスタイルをまずは観たい。

それによってまず、FWの周りにサポートを増やしたい。DFを中央よりに絞ることができるとサイドの押し上げもしやすくなり、多分、ガッツ、ジョー、ワタル大暴れ。んで、うちのFWマークしている相手DFが、同時に前後左右に対処しないといけない状況を現出したい。それでボールとられても、近くに仲間がいてくれるのでチームディフェンス敷けて、一人一人の負担は少なくてすむのではと妄想する。

でもまー概して、時間帯にムラはあるものの、ディフェンスはよくなってきてるので前進だ。

ってろくに運動もしないおっさんが言うはやすしきよし。多分かなりしんどい作業だろう。っつーことで、いきなりだが今日からウォーキングを始めることにする。ねらいは、おなかのサッカーボールをとりあえずバレーボールにすることと、琉球勝利への願掛けだ。

次絶対勝つ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おなかのサッカーボール・・・

もう飲み込んで10年程なります・・・

rossi
2006/06/07 00:36
コメントありがとうございます。
今日も無事ノルマクリア。でもビール飲んで意味なし!
conniff
2006/06/08 00:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
上げ上げ A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる