A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS 後期スタート! 栃木戦 その二

<<   作成日時 : 2006/07/14 06:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


一方で攻撃もう少し上げたいっす。

こればっかりは、チームの全体的な調整という視点だけではなかなか解決できない部分かも。ゴール前でフリーにさせてくれないリーグでは、ポジションバランスを崩した思いっきりの良い仕掛けで突き破るトライが必要だろうと考える。

去年は、永井選手が切れ味鋭いドリブルでラッシュかけて相手を撹乱、DFはそれを止めるため人数かけざるを得ない状況でひきつけられ、周りの味方は自然とDFの視界から逃れてスペースも得ていた。藤吉選手のドリブルが今よりも前目のバイタルエリアで絡むと良いかもと思う。

ガッツはガンガン勝負しててよかった。相手はガッツの仕掛けについていけてなかったので、後方の相手サポートもケアに気を払っていた。それを察した味方(多分、藤吉選手)が何度か絡んで効果的だった。もっと多用しても良いかも。

ワタルはもうワンテンポ速めに動き出してガンガン仕掛けて欲しい。後半最大のチャンスを演出した突破とセンタリングは見事だったのでいける!。ディフェンスの意識が高いのはすばらしいけど、あの位置でボールをとられても後ろに味方が控えているのだから、セーフティーにパスでの打開を選択してサポート待ったりせず仕掛けていいと思う。

中央の関はディフェンスめちゃめちゃ頑張った上に、本職のポストプレーもきちんとこなしていた。しかし、相手も関に対するチェックをセットできていたので、その周辺は狭き門。サイドも含め、関の動きに素早く絡む味方の飛び出しがみたいところ。ボールを受ける頃には既に味方が寄っていたというシーンではダイレクトで捌けていて、相手が的を絞りにくい分、チャンスの度合いも大きい感じだったので、それを数多くみたい。んで、前線で前向いてボール持ったら、狭いスペースでもガンガンシュート狙ってほしいっす。

後半中頃からは、足が止まってボールをもらう動き出しが遅くなってしまい、早いパス回しが滞る時間帯となった。トラップ→足元、トラップ→足元の遅い展開で相手プレスの的になってしまい、相手に高い位置でのポジショニングを許しピンチを迎えていた。

基本のパス&ゴーを徹底したい。短い距離をこまめに相手より素早く動いてパスコースをたくさん創出して欲しい。そのために狭いエリアで大人数のパスゲーム練習をかなりの時間を割いてやっているだろうと思う。パスコースを増やして的を絞らせず、そこから意外性のあるサイドへのロングフィードを絡めたい。

とまぁ、こんなしんどいことオレ自身ができるんかー!っていわれると、できん!ごめん。

かなりしんどい作業アルね。だから、ハードワークをこなしてチームディフェンスを仕上げてきた選手、監督に深く感謝。これからまだまだ暑くなる中ホント大変だけど、去年の天皇杯デンソー戦前半のようなペース配分など駆使して乗り切って欲しいっす。俺らは必死に応援上げていきます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
後期スタート! 栃木戦 その二 A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる