A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS みんなで脱皮

<<   作成日時 : 2006/08/03 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


チームの前進を強く感じた試合だった。

私的MOMの関は、暑い中、後半の苦しい時間帯でも前からチェイスを怠らなかったし、ポストプレーでボールを受ける際、後方にいつもより大きく早く動き出して、ボール保持者にパスコースを提供し続けてた。結果、ボールを受ける関の周りに必ず絡むように走りまくってた藤吉御大、雄作の動きと相俟って、3人の連動した攻めが見られたし、ポストだけでなく、ボールを受けると積極的に前を向こうとトライしていたので、抜いた瞬間に局地で数的優位になる場面を何度も作り出して効果的だった。審判がボケたオフサイドの判定で惜しくもフイにしたけど、身体の強さと使い方のうまさを駆使して一対一のチャンスをつくったのもさすが。ホント、ナイスファイトだったね。

そして攻撃ではもう一つうれしい収穫。自分の良さを前面に出したガッツのプレー。JFL初ゴールも圧巻だったけど、「得意なところをバンバンアピールすると心に決めた!」と感じさせるほどに、ボールを貰うとチャレンジを重ねていた。相手は警戒しなければならなくなったし、何よりもガッツに渡るだけで、チームの攻撃にチェンジオブペースが生じていた。周りは、「仕掛け」を意識した動きを開始する判りやすい合図を得ることができたと思う。チーム攻撃に素敵なオプションを加えた。迷いが消えた感じ。いいね〜ガッツ。触発されたのか、雄作も積極的な突破を見せてた。これからもバンバンやって欲しい。

チームは、攻撃でこれまで足りなかった部分を積み上げている様子。方向性がきちんと提示、認識されはじめ、結果が伴ってきたと言えると思う。いい感じ。

DFは前半、暑さを警戒していたのか様子見の相手に対して、モチ不在の中でも上下運動をきちんとこなしてコンパクトな守備を見せていた。相手が点取りに攻めにかかった後半の時間帯は、恭平が大きな声でガッチリ統率、バイタルエリアで集中力を増してシュートコースを塞ぎ続けた。ナイスファイト&集中。

タチコはリーチの長い足で、ゆったりだけど独特のリズムによる獲りづらそーなボールキープやインターセプトを見せてたのは良かったけど、運動量が足りない感じで、ブンタの頑張りがありがたかった。ボランチ起用は、中間位置からの移動により、ディフェンスエリアだけでなく、前線でもその高さを活かすことを見込んでのものかもしれんと勝手ながら想像するけど、諸刃の剣は否めないかな・・・とあくまでも私的には感じる。でもがんばれ。また、「コンバートなど許さん!」的、他のメンバーの奮起を期待。

気になったところでは、ビルドアップからチェンジオブペースを仕掛けるまでに、幾つか不用意なミスがみられた。コレがピンチを招いたり、余計に体力を奪ったりしてるのではと思う。焦って味方にプレーを預けてしまおうとしないで、しっかりと視界を周りに確保しながら、落ち着いて展開してほしいっす。

概して、チーム全体で統一されたディフェンス、オフェンスがいい感じのバランスを見せ始めていると思う。しかーし、油断は大禁物。次節の流経大はホームであることから、前回は出なかったレギュラーメンバーを組んでくるかもしれない。前回のことは忘れてしっかり気合入れていきたいところだ。

ところで、琉球もそうだったけど、刈谷は、なれない猛暑のコンディションでも運動量を落とさなかったのが凄かった。すばらしい気合。しかし同時に思ったのは、こんな暑さの中でサッカーするのはやはり身体に良くないということ。インフラ整備の遅れによるツケが選手にまわってる。運動なんて車と建物の間でしかしてないオレなんぞ参考にならないかもしれないが、自身、応援だけで熱中症気味になるほどだったので、今後選手が深刻な状態に追い込まれることは十分考えられる。ナイター設備が絶対必要。

ホント大至急だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みんなで脱皮 A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる