A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇杯県決勝

<<   作成日時 : 2006/08/29 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


前半のチームは、抑えてペース配分図る練習でもしてるのかと本気で思うほど澱んでいた(どうもそうだったらしい情報有り)。

ビルドアップの時点で既に中盤底のスペースを無益に遊ばせてしまって、ロビングボールを放るしかない攻めを続けたが、ボールを追うフォワード、特にオグには酷だった。オグの特徴を前提とした戦術じゃなかったし、それでも頑張って追ってたけど、その際、後ろが押し上げるというのもなかった。前半で替えてしまったけど拙攻の原因を彼に見たのだろうか。そうだとしたらナンセンスだと思う。無益な縦一本を続けざるを得なかったのは、タチコが動かずにボールを受ける気もなかったからだ。そうしろと言われていたのだろうか。澱んだ中盤にボールが通わない。

後半は藤吉御大のグレート仕掛け、リカルドの縦パスが功を奏してスペースを得ることとなった。2点目のFKを得たプレーはいつもチームがイメージしている攻めでよかった。藤吉選手のドリブルは効果的で、それも一番効果的な場所で仕掛けていた。DFに自身の突破を意識させて縦目に絞らせたことにより、周りにスペースと時間を与え、結果、ゴールとなるFKを得た。あの場面では、たとえ数メートルでもパスで横に振られたらDFは崩されるし、ファールでしか止められなくなる。リカルドも復帰のめどが立った今、一番必要な攻めかもしれないと感じた。

リカルドはチームで唯一無二の存在であることを自身で証明した。サポが長く待ち望んでいたものを、淡々と、しかし凄みを持って見せ付けた。試合前に5本あげれば必ず決めてくれるといったけど、これはリカルドに失礼だった。ゴールを期待できるただ一本のFKをものにした。J1どころか誰も止められないやつ。目にしてうれしいというより、驚嘆したね。それがファンタジスタってもんだ。

水曜日の試合は凄く大切だ。時間は無いけど、みんなで一つになって急場をしのいで欲しい。勝利が本当に必要だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇杯県決勝 A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる