A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS 第一山場

<<   作成日時 : 2007/03/24 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年一年の経験と新監督のコンセプトによって、去年足りなかったとこを補う努力は確実に実を結んできていると思う。

運動量は試合終了まで維持できていた。

前半はまだしも後半は、スペース管理の点では、去年のホーム刈谷戦と同等、ホーム栃木戦までもう少しというところまできてると思う。去年はこの2つの重要性に気づくまで前期を要したけど、今年は開幕から徹底、2試合目で勝ち点を上げることができた。マイボールにするまでのタクティクスは前線二人のチェイスの厳しさと、それと連動した2列目のインターセプト、チェックへの動き出しをもう一歩早くすることでクリアーできそう。前で限定したパスコースを後ろが早く察知してきちんとケアするという基本の精度を上げたい。

前半、武蔵野が風向きを意識してプレスで迫る間は押し込まれてきつそうだった。相手は、1.前目で確保したボールを左サイドに出張る25番に預けて一対一に持ち込み、それを18番が裏からサポートするなどして局所突破をしかける。→2.仕掛ける間に生じるタメを利用して中盤がウチの最終ラインに中央に集まる→3.突破後ペナルティーエリアになだれ込んでシュート、セカンドボールを狙う。同時にハマちゃんを守備に忙しくさせてその攻撃力を削ぐことにも成功していた。

この相手前目の状況を克服するために、裏にフィードして押し上げというチームの試みは正解と思う。けど、全体を押し上げてフィールド中央を数的優位で確保するには、必須条件である前二人の早い動き出しとボールの厳しい追い込みがもう少し必要と感じた。仮にボールを保持されても比較的逆襲の痛手を受けにくい相手最終ライン後方のサイドを刺激して相手を守備に忙しくさせたい。これも同じく精度の問題でがんばって上げれる課題だ。前二人の奮闘に期待したい。

関への徹底的なチェックは、武蔵野だけでなく全チームが主要なディフェンスコンセプトの一つにあげると思う。既に指摘があるようにポストに張る関の周りに複数が絡む場面が欲しい。同時に相手にサイドを意識させる押し上げも含め、その時間を稼ぐ中盤のタメは今後上げたいところ。その点で今日の正朋のプレーは重要なアイテムになると思う。

次節ロッソ戦は今季を占う試合になると思う。本当にそう思う。勝利が必要だ。

結果に最大限こだわって欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第一山場 A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる