A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS ほんんんんんっと

<<   作成日時 : 2007/04/17 01:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7


よかったっす・・・


大雨警報、シーミー(清明祭)、県総での開催、いろいろあったけど、1150人あまりが今季初勝利を目撃した。

うれしいっす。

恭平も最終ラインも中盤も前もとにかくがんばった結果。それに、松をはじめとして適材適所感がすごく漂ってて、迷いがなかったね全員が。

ハマちゃんも水を得たようにトライできたし、コンスタントに力発揮してた栗田、三原もプラスアルファを引き出せたと思うっす。

マイトはビーチやってっからね、という同志の指摘に納得するほど、前線のキープで優位に立っていた。

マイト→ハマちゃん→ゴウはきれいだった。2点目もケンジがあの場面であそこにいることができたというのが良かったと思うっす。

ディフェンスは、縦軸でコンパクトに、前目維持の取ったら攻撃ができてて、ポストにもいつもより早くサポートしててよかった。そのコンパクトな中盤を両サイドでユウマ(利いてたね〜)、真也がそつなくカバーリング、さらにその二人を天職を得た松がドスの利いた声で統率、カバーリングでナイス役割分担。MVPはMVPsで最終ライン3人をあげたいっす。

後半中ごろからだったか、前二人のチェイスが緩くなると、サイドに展開されて松が引き出され一対一というのがいくつかあったので修正したいとこっす。

欲望のかたまりであるオレは早速連勝にリビってるっす。今節のようなディフェンスを通常のピッチコンディションでどこまで高められるか鍵かも。

連勝いける。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。勝ち組おめでとうございます。
もしかしたら日曜日の死合は「新しい琉球のうた・・・ではなくてスタイル」が見えたのでしょうか?
去年といい時の内容、やり方と比べてみてどうでしょうか?
icebox
2007/04/17 21:30
こんばんは。
拝読するに、最終ラインがよかったとのこと。また中盤との連携もしっかりできたように感じられます。先日の佐川急便戦では、本当に最終ラインがばらばらで、混乱していたようにも見えました。
そのへんは、今節きちんと修正してきたのでしょうね。
連勝・・・と行きたいところです!
私は第7節アウェイ遠征の予定でしたが、本日現在体調が下降気味で、参戦危うしです。
TETSU
2007/04/18 20:37
iceboxさん、コメントありがとうございます。お互い「勝ち組」でめでたいですね。

さてご質問への返答ですが、システムを最初に持ち出してウンチクするのは本意ではありませんで、ハコ説明の便宜上用いますがあくまでも選手の特長から引き伸ばした私見として読んで下さるとありがたいっす。
昨季開幕5戦後から設定した、前後コンパクトに前からディフェンスして攻撃の起点と必要人数を前目で確保というスタイルを4バックで実現するという目標は、後期頭のいい時期でですが(その後モチ不在の中、元に戻ってしまったりした)、一定の域に到達したのではと個人的には思います。前節の布陣は、選手構成が、屈強スタミナアスリート集団ではなく、どちらかと言えばスキル寄りであることを踏まえ、上記のスタイルを体現するに、限られた時間での伸び幅がいずれで大きいかを問うた“手法の選択”だったのではと勝手ながら妄想(暴想)しております。(続きます。m(__)m)
conniff
2007/04/19 01:58
激しいプレス合戦が横行するJFLにおいては、常に前後お互い(特にサイド)を豊富な運動で補完し続けて初めて数的優位を確保でき、役割分担をピッチの前中後で固定的に捉えてしまっては返ってその各々で人手不足に陥るという、より流動性への対応を求められる4バックの都合上(これまた私見。すみません)、これをこの選手構成で習得するには相当数の実戦での精錬が必要というのが私の基本的な考えです。(またまた続きますm(__)m)
conniff
2007/04/19 02:00
それをお断りして言うと、極端に守備シフトひいてカウンターではなく、コンパクトに前からディフェンスして攻撃の起点と必要人数を前目で確保するというチームの目指すスタイルに変わりはないと考えるので、それをこの選手構成で限られた時間で体現するために、上記流動性によるリスクマネージメントのカオス度がより低いシフトを選択したのではと妄想しております。「スタイルの変化」で言えばむしろ同じ4バックですが去年の開幕から5戦(セレソン的?それとも上記への移行期?)とその後(上記)、後期後半の3バック+ダイレクトプレーの選択がそれにあたるのかなと・・・。って「スタイル」の尺度の問題かも知れないっすね(汗)。ここまで言ってしつこく逃げかましてすみませんがあくまで大雑把な個人的な意見でして、愛あるご叱正をお願い致しますm(__)m。
conniff
2007/04/19 02:00
TETSUさん、コメントありがとうございます。
寒暖激しい季節ですが、お体のほうお気をつけ下さいますよう願います。応援のほうは会場方角への気合送信にとどめ、無理せず療養されたく存じます。
刈谷遠征ですが、無事航空券を確保いたしました。旅程ですが、前日にフットサルアジア選手権準決勝でのリカルド大爆発を目撃後、当日朝名古屋へお邪魔いたします。その際はどうぞよろしくお願いいたします。

conniff
2007/04/19 02:14
conniffさん。ありがとうございます。
寒暖が激しすぎます。
帰宅時でも半袖でも充分なくらい生温い空気だったかと思うと、昨日は真冬のジャケットをしっかり着込んでいました。まだストーブをしまえません。

さてiceboxさんに対する返答の詳細な解説ありがとうございました。
しっかり読ませていただきました。

刈谷戦まであと1ヶ月程度となりました。
こちらのほうへの遠征、お待ちいたしております。
TETSU
2007/04/19 07:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほんんんんんっと A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる