A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS BSC

<<   作成日時 : 2007/11/01 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


あの〜マスコミの皆さん、

「亀田問題」っていつまで騒ぐんですか。

反則そのものは危険だしやっちゃダメで、きちんとした対処は当然必要だと思う。

でも同時になぜあのような愚行に及んでしまったのかを問う、そして問わないでいるマスコミに目を向けると、今の騒ぎにやらしさを感じてしまうっす。

おんぶに抱っこ、乗っかるだけ乗っかって、旗色悪くなると当事者感覚ゼロの説教面でぶったたく。

スポーツそのものはどうでもいいんだろうなと思ってしまう。とりあえずこんだけ儲かった、あそこはこれだけ儲かった、というところだけが重要なのでしょうね。

「お父さんのことはどう思いますか?」って、もう絶句です。

みんなの前で親父を否定して見せろっ、ってとこまでいきますか。それとも“それでもなお・・ストーリー”で十番煎じですか。ただの食い物だからどうでもいいってことですか。

つまるところ大学野球よりもゴルフよりも柔道よりもフィギュアスケートよりもボクシングよりも、報道を装ったプロモート活動でうまい汁吸える儲け話を持ってきてくれる人だけに興味がある、という理解でよろしいでしょうか。

議論も、厳しいトレーニング積んで命がけでリングに上がってんのに横からプロモーターやら事務所やらからイベントで上がる金どっさり押さえられて、日本チャンプでも一試合150万ぽっきり(らしい)とか、有名でなければファイトマネーはチケットでみたいなことを強いられている状況とか、だからこそ奇抜に目立ってないと食って行けない状況とか、酒飲めてメタボって片手団扇の人間がそんな選手達から搾取する構図がどんだけ歪んでるかってとこには結局行き着かない。ボクシングはストイックなもの云々の説法でヒタ隠し。

大体、直接何かを背負うことのない割高な間接業者がこの国のスポーツ環境には多すぎると思う。意味不明の役職と高給で事務費をべら棒に膨らまして実務はおざなりな施設管理の外郭団体とか。国際大会の選手強化合宿に一選手あたり6,000円ぽっきり強いておいて、役員はビジネスクラスで地方出張の某競技の協会とか。各種スポーツ協会も似たような構図らしいと聞くと寂しくもなる。「スポーツと選手の社会的地位向上」なんて夢のまた夢なんだろうか。

サッカーはトップが袋叩きにあうほどにはクリティックが成熟してて、民主主義的で比較的ましなのかもとちとばかし思った。

って、どうだろうか・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

私が亀田の謝罪会見で質問することができたなら、あの発言にいたった経緯を問いただして、内藤の何が脅威だったのかを聞き出したかったです。
そして、反則以外の攻略法をアドバイスできなかったのか聞きたかったですね。ま、あればそんな事言わないでしょうけど。

そして、私が沖縄のマスコミに携わっていたら、ぜひ沖縄の様々なボクシング関係者にインタビューしたかったですね。亀田家と対立していた具志堅用高氏を初めとした元世界チャンピオンや県内、県外で頑張っているボクサー、ジムの会長やスタッフ等。

内藤の素晴らしいところ。あの反則行為に対しての意見。その人なりのボクシングの素晴らしさや美しさについて。

むしろボクシング関係者がマスコミに訴える、売り込むぐらいのことをやるべきだと思います。
恥ずべき事がきっかけとはいえ、世間の目がボクシングに向いている絶好のチャンスなのに。

icebox
2007/11/01 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
BSC A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる