A Wizard, A True Star!

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本MF讃歌

<<   作成日時 : 2011/11/04 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


おひさです。


とつぜんで且ついつものごとく勝手ですが、試合で“ある選手”が影響を与えているエリアの広さについて。私見。

1.ある選手にボールを出す出し手のピッチ上の位置
2.ある選手からボールを受ける受け手のピッチ上の位置。

これらの広がりとお互いがつながる頻度。

これがすごい広くて頻度が高い選手=展開力がすごい人じゃーなかろうか。としてみる。

=中田英、中村俊、遠藤、小野、小笠原、名波、ラモス・・・・・日本のMFはすごい!!!!!。

縦力(タテリョク)すごいドリブルによって潰しの効かないポジショニングを強いられた相手チームの選手の数、を考えると中田はすごかったんだなーと今頃思う。その点でいうとやはり本田が引き継いでくれるのだろうか。もっと“エリア”広くなって、体力温存をはかる時間が短くなったらすごくなりそう。その時間帯は明らかに代表のチームディフェンスは苦労している感出てるので、つまり活動的な時は攻撃だけでなディフェンスにも影響力を持ってるってことだろうな。んーすごい。ゴール決めるより、より広く多くボール、展開に絡み続けることがチームのためになるかもと思うっす。

勝手ながら特徴、資質として、

=チームとして、次どこに展開するかを決めるかじ取り人
=頭の中に人とスペースの俯瞰地図(現在図+5秒くらい先の未来予想図w)を保持する者。
=ボールホルダーが「ボールを前に運びたい」つってよく探す人
=ボールを受けると遠くの選手でも「ボール受けたい」つって走り出させてしまう人
=なかなかボール奪われない人

一番大事なのが俯瞰地図で、“エリア”の広さも含め、家長は香川と競合しても遠藤とはしないと思うっす。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本MF讃歌 A Wizard, A True Star!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる