情報受信者の作法として

ほんとに選手会がボイコットなんか言及したのか?

会長が本当はどのように答えたのか?

の答えなんて知りようがありませんな。これに限らんが世の中の報道はほとんど信用できん。

大手マスコミ、特にテレビを全然信用してないっす。スポーツ紙は言うまでもない。事の真偽や信義よりも、スクープで出し抜くこと、情報切り貼りで醜悪ストーリーを自前で作成、部数や視聴率を稼ぐこと=自分たちの給料を維持することに執着するだけ。だから官僚なんかが操作を企図して垂れ流す情報に嬉々として飛びつく飛びつく、んで国民踊る踊る。彼らを挟んでの伝言ゲームなんてモメるの当たり前。だってそう仕向けてるんだもん。んで、「代表ってお金なんですか」的コメント浴びせる無垢のファンなんか出てきたら任務完了。これもほんとに居るんか?

だから一連の選手会と小倉協会会長にかかる報道もほぼ信じないことにします。

こいつら小倉会長や関係者にインタヴューする際にスト話でっち上げて煽情的コメント引き出そうとしたんじゃないかって疑いつつ眺めてます。





この記事へのコメント

icebox
2010年12月31日 12:47
こんにちは。

この記事の内容、何か検察に対するものと相通ずるものがありますね。

この記事へのトラックバック