テーマ:ウンチク

日本MF讃歌

おひさです。 とつぜんで且ついつものごとく勝手ですが、試合で“ある選手”が影響を与えているエリアの広さについて。私見。 1.ある選手にボールを出す出し手のピッチ上の位置 2.ある選手からボールを受ける受け手のピッチ上の位置。 これらの広がりとお互いがつながる頻度。 これがすごい広くて頻度が高い選手=展開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情報受信者の作法として

ほんとに選手会がボイコットなんか言及したのか? 会長が本当はどのように答えたのか? の答えなんて知りようがありませんな。これに限らんが世の中の報道はほとんど信用できん。 大手マスコミ、特にテレビを全然信用してないっす。スポーツ紙は言うまでもない。事の真偽や信義よりも、スクープで出し抜くこと、情報切り貼りで醜悪ストーリー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

流経戦

リーダーシップかも。 前半先制するまでは中盤厚くてよかった。後半の悪い時間帯は自陣のバイタルエリア手前に4人相手選手がフリーになる状況が出来るなど、守備陣形を崩して攻めてボールを失った後、どうやって陣形を再編するかにおいて精度を上げたい。あわてずディレイかけて味方が戻る時間を確保する役、上がってくる選手をケアする選手、ディフェンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホーム開幕

まけまけです。 まだまだ整理つかないけど、一応これはそうだろってのをまとめると、 1.試合の入り方に問題が多い。入りは形にとらわれすぎるのではなくはっきりとしたプレー(クリアとか)が必要と指摘する声ありで納得っす。 2.ディフェンスが引きすぎてて中盤スカスカ。ひとりひとりが遠い。相手のプレスで生じた死角をかわしてボール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

にほい

お久です。 最近こればっかですみません。 巷のニュースも結構あったのですがほとんどスルーしっぱなしなかんじはいかんのではと思うので私見をちょこっと。 秋春制移行反対。 豪雪地帯の都合を誠意をもって考えていない感じは、協会事務所周辺の景色だけですべてを見通せてる的無自覚で危ない感覚にとらわれているとしか思えんっす。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

El ai Erasso de Sunmason

おひさでございます。 さてmio戦ですが、 1.人口密度を高めてお互い助け合うことができるポジショニングを維持する意識が高まってるとこ 2.受け、キープ、裏取り、チェイスと、前二人が何役もこなしてて前へのフィードを呼び込んでおりナイス 3.ボールを奪われたらすぐ切り替えて積極的にとりに行く事ができるようになってきた …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

準備

シーズン前の準備は大事と思います。 一番といって良いいと思うのですが・・ もう、前からしつこいぐらい言ってて申し訳ないっすが、いい選手、フィットする監督をそろえるは必須条件ですがすべてじゃなくて、やはりトレーニングによる精錬が一番重要と思うのです。 毎年、監督、選手ごっそりとっかえて仕切りなおしなので、去年まで「チ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BSC

あの~マスコミの皆さん、 「亀田問題」っていつまで騒ぐんですか。 反則そのものは危険だしやっちゃダメで、きちんとした対処は当然必要だと思う。 でも同時になぜあのような愚行に及んでしまったのかを問う、そして問わないでいるマスコミに目を向けると、今の騒ぎにやらしさを感じてしまうっす。 おんぶに抱っこ、乗っかるだけ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

前向きに荒れてます

エラソーなのは億も承知。でもやれること全部やりたい。ので以下に独断と偏見を記す(TETSUさん風。すみません)。 モチ復活は第一章 彼に求められるのはチームを一つにすること。 当たり前だけどモチだけで何とかなるものではない。めまぐるしく変わる状況の中でみんなが同じ事を考え、連動しなければならない。それにはチームとし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中断期間

気分でない人ごめんなさい。 でも敢えて今厳しいことを言いたい。リーグが休みのこのタイミングでこそ必要だと思う。 沖縄タイムス社様杯争奪天皇杯県予選準決勝、対海銀戦を観戦。結果は7-2で勝利も海銀の方が意図あるサッカーやってたと思う。 自力の差は確かにあった。しかし海銀のほうが場面場面に応じて設定したディフェンスエリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪いくぜ~FC琉球~♪

兜の緒を締めたい。 失点をどうするか。 ボールを追うだけの観戦でなければ、失点はディフェンダーだけの問題ではないとすぐにわかるはず。だから補強は確かに必要でも一番のポイントではないと考える。メインは隙間をどうするか。 当てられたとこ(DFライン)の対処療法だけではなく、ボール保持者へのプレッシャーで予防もすること。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今季一番

かなり暑い中、みんなで一つになって守備がんばった。 前から2人3人でボールの持ち手にきちんとプレッシャーにいってた。後半の終わりごろはホントにきつそうだったけど、よく耐えて最後までやり通した。感動した。 相手が後ろで横パスするしかないシーンを多く作ったのは、やはり前も含めて全員が一つの意図で統一されてディフェンスできたか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

セイセイセーイ(速くてキツキツ)でよろしこ

キビキビ感かな・・・ 全体的に相手より一歩遅いアンドお互いが遠くて持ち手が出し所に困ってる感じ。ビルドアップ時のパスミスやボール奪われてカウンターからの失点、危ない場面はこれが原因かも。 途中、サイド不利の状況から4バックへシフト。さらに相手が点取りにきて中に3人絞ってきたらウチのDF4人も絞りで対応。この対処は仕方ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕切り直し

えらそうなのは百も千も承知。 それでも監督の、「サポからもどんどん意見がほしい」との言葉に乗った。 前からのプレスをもう一度徹底したい。 去年ジョージさんが取りくんだ課題。まずは去年後期の栃木戦に見られた前2人の執拗なチェイスまで。一度出来たのだからがんばれば何度でもできる。 ボールの出し手へのプレッシャ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

誘致

昼休みを利用して練習を見にいった。 近くに弁当屋があるので便利だ。 クールダウンに入るとこだったので、選手が出てくるとこつかまえて気合注入開始。ヒロコーチにも注入するとすでに満タンの気合見せてくれて、選手はピッチ、俺らはスタンドでがんばりましょう、とエールを交換した。気持ちの面で心配なしと確信。自分もなんか盛り上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第一山場

去年一年の経験と新監督のコンセプトによって、去年足りなかったとこを補う努力は確実に実を結んできていると思う。 運動量は試合終了まで維持できていた。 前半はまだしも後半は、スペース管理の点では、去年のホーム刈谷戦と同等、ホーム栃木戦までもう少しというところまできてると思う。去年はこの2つの重要性に気づくまで前期を要したけど、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相対

中村俊輔にはまってる。 http://youtube.com/watch?v=k1Biy4Y6qCs http://youtube.com/watch?v=7a-nDeFlC1s http://www.gyao.jp/sports/celtic07/ アジリティーはやっと最近言われ始めたけど、俊輔に限らず多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more