テーマ:Football

んんー・・

んんー・・ http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-154047-storytopic-2.html またというかなんというか。って他所心配してる場合ではないっす。 でも選手、サポ、スクールとか・・ 1月いっぱいは継続に向けて努力するという感じは残してるよう。 Kyuリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さしみとわさび

中国代表大暴れ。 悪い意味で。 でも、気持ちはわかるができれば実況は激情に流されてほしくはなかった。オグも。 スポーツにナショナリズムや民族感情が何かしら介在するのはある意味仕方ないことだとは思うけど、やはり競技とそれへの愛が常に主役であってほしいと思うっす。 だからこそハンドボールにおける「中東の笛」が許さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「考えながら話すサッカー・・・解説」プリーズ

ミスが多いっす。 パスミスでたくさんピンチを作ったし、チャンスも棒にふったと思うっす。 でも一番の問題はやはり □澤×餌痴誤×や○たろう=騒音公害 感想、憶測、勝手に自作ドラマ連発で、とにかくオレの話を聞け攻撃って、それは解説ではなく観戦です。 超スローで倒れたシーンやってんのに、いちいち痛んだ瞬間探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

W杯決勝同点ロスタイムで獲得したPKです

ちょっとまて。 http://www.okinawatimes.co.jp/day/200705171300_08.html 一応確認だけさせて欲しい。 「おうのやまの杜サッカースタジアム整備計画」(第1次案)というくらいだから、もちろんサッカー専用スタジアムだよな。 「多機能性の保持」ってせいぜいロックバン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

If anyone can do it, he can.

すんすけすご。 みやさんの言うとおり伝説の一つ。 かっこいい。 現地コメンタリーの言葉がすごく誇らしい。オレは何もしてないけど、とにかく誇らしい。 http://youtube.com/watch?v=xODZk44XrFk&mode=related&search= 次節へのパワーになるっす。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

相対

中村俊輔にはまってる。 http://youtube.com/watch?v=k1Biy4Y6qCs http://youtube.com/watch?v=7a-nDeFlC1s http://www.gyao.jp/sports/celtic07/ アジリティーはやっと最近言われ始めたけど、俊輔に限らず多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の雄

海邦乱打戦を制し九州リーグ残留決定! 熱い試合でした。 不肖私も海邦サポの皆様にご許可いただいて応援に参加させていただきました。他サポなのに参加を快諾してくださった海邦サポの皆様、ありがとうございます。 試合は去年地域決勝大会でFC琉球を窮地から救うPKを獲得した“漢”、新田 呂選手のゴールなどもあり、ガチの勝負を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百年

職場で「念のため」を気取ってJリーグ百年構想をお題に意識調査を実施した。 って単にエラソーに聞いてみただけ。 琉球がハンドボールチームを発足させたことについて、「サッカーとハンドボールってなんかピンとこないね」との意見が大勢を占めたことにちょっとびびった。 ええーっっ、そっから~?と面食らったけど、よくよく聞い…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

御伽噺ではなかったということ

時代の流れだろうか。 よう知らんけど、なんか実務者が求められている時節に感じられる。 エラソーな言い方だけど、理念を掲げて、まったく新しいものに人々を導いた人たちの苦労は、まだまだいろいろあるけど、とりあえず素晴らしい形で結実したのかもと思う。 みんな狙い通りに走ってます。 試合結果、選手の出来、戦術に限…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基本

「そのポジションに必要な資格、適合した能力を有した人をあてる」という当然の事を普通にやったらどうなるかを確認した日だったと思う。 個人のロマンティシズムや、“冷静な分析に裏打ちされた必然性”に基かない評価(=思い入れ、思い込み)、馴れあいに拠るのではなく、これまでのパフォーマンスをきちんと評価し且つ、良い組み合わせであると判断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

でーじなとーん

想像したことなかったわけじゃないけど、ウォッと思わず叫んだ。 我那覇日本代表召集! かつてサッカー不毛の地と呼ばれたここ沖縄から、日本代表が…。 ぐぉーーー!!!って、何やっていいのかわからん!(オレが何できるわけでもないが) まさにビッグチャーンスじゃありませんかっ!!! 頑張って代表定着してくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは勝つか負けるかの仁義なき戦い

今週のサッカーダイジェストでの、沖縄におけるサッカー専用スタジアム建設に関する示唆には触発される。 サッカー専用スタジアムが必要だ。 記事では、2010年の高校総体に係る建設を、フクアリを例に挙げながら提案していた。筆者の方は沖縄に5年ほど住んでおられたようで、北谷、奥武山などを挙げていたのが印象的だった。フクアリ規…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

身長、体重の記入をお忘れなく

体格が足りない、か…。 よもやその言葉を聞くとは思わなかった。 監督経験なく代表監督に就任した過去の名プレーヤーがその事実に気づくために、4年と、代表選手のサッカー人生への影響と、巨額の費用があったということか…。 その大前提の宿命背負っていかに勝つかを積み重ねてきた日本サッカーの蓄積は、指揮官持ち合わせの普遍の絶対法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「個の能力」

「個の能力」の差が厳然とあったという指摘には、肯首せざるを得ないとは思う。 あくまでも現時点において、ブラジルに対して、スペースを意識したプレス等のチームディフェンスによらず、同じように局面での個の勝負に持ち込む形でがっぷり真剣勝負を挑むと1-4のスコアになると、とりあえず思っておいて良いのではと思う。今回のワールドカップで得た最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4年に一度ですので

ファナティックな状況だ。 あたりまえだ。W杯だもん。 4年に一度、世界中のサッカーバカの日常が最大極化して、更なるバカ騒ぎをするお祭りだ。んなもん、1993年ごろから我が国でも恒例だし、ウン千人、ヘタしてウン万人一緒に観戦してMAXに仕立てる流儀も心得て久しい。 基本的にヘタレなオレは、ネットでの「サポ論」討議…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ジーコだけが気づいてない

相手をゴールから遠ざけ、高い位置で勝負!じゃなかったんすね…。 中盤の出し手にガンガンプレッシャーかけて、フィードの正確性を奪い、同時にライン押し上げ中晩コンパクトにボールかっさらうんじゃなかったのか…。 そんな感じ皆無だったっすねジーコ。そしてオブリガート川淵。ってか今までそんなの殆ど見せたことなかったのに、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おいっ、クリンスマン by 目玉

「日本はワールドカップ参加チームだし、アジアのチャンピオンなのだから、1つのチャンスも与えないなんてことは期待できない」というは論外だ。 そんな台詞、最近の代表戦で一度も聞いたことない。 日本に対し敬意を表し、アジアサッカーを知らないドイツ人に現実を教えてやった風で聞こえいいけど、自発的に「一つのチャンスも…」なんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイートスポット

サッカーは足を使うスポーツです。 って大丈夫ですよーオレ。一応、まだ、たぶん・・・。 といきなりですが、今日はサッカーのメイン要素、キックについて。 今季シーズン前に観戦した練習試合で、FC琉球背番号15番、加藤潤選手がセンターバックの位置から、きれいな縦回転のロビングボールを、かるーい感じで左右に次々と供給す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“Beckenbauer”と書きます

サッカーと出会って最初に貼ったポスターは、スペインワールドカップでゴールをぶち込んで、歓喜のダッシュを開始したロッシ(rossiさんではありませんよ)だった。多分、どっかからひっぺがして持ってきた…いや、平たく言って盗品です。はい。 持て余すほどあったサッカー少年のテンションだけでとりあえず貼ったけど、ぶっちゃけそう好きで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

できまっせ2006 ド・北谷

バルサの見事な逆転劇を朝のニュースで確認(実はちとばかし寝てしまった)、カンプ師匠の狂喜乱舞が脳裏をかすめる中出勤。ねむいっす。 師匠、この度はおめでとうございます! しかしながら、さすが頂上決戦だけあって一つ一つのプレーの正確さに感銘を受けた一戦だったっす。特にバルサの華やかさを支えているのは何もスーパースペシャル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more